As舗装復旧時のデジャヴ

 

先日、橋面のAs舗装をはつり、舗装下の調査を行いました。

その際、はつり部の復旧としてMMA樹脂(ドーロガード)を使用したのですが。。。

 

ドーロガード工法は「常温下で常温下で迅速に硬化し、強靱な機械物性と優れた耐久性を示す」 との事。

 

確かに、、、

迅速に硬化し、復旧作業が速やかに進みました。

 

 

が!!! しかし、作業中は強い刺激臭を伴い、鼻や目がツーーーンとする、、、

 

近くで す~は~す~は~ すると、クラッとします。

 

この臭いどこかで嗅いだことがある。。。

 

 

はっ!これはアクリルスカルプチュアのリキットの臭いだ!(女性の方はピーンとくるはず)

アクリルスカルプチュアとは、人口爪の事で、ネイルアートやデコレーションに使用するもの。おしゃれ女子の必須アイテムです!

 

あの刺激臭にそっくり。そういえば硬化の様子なども似ている。。。

 

そこで、MMA樹脂(ドーロガード)とアクリルスカルプチュアについて調べてみると

 

MMA樹脂(ドーロガード)とは、

MMAモノマーを主成分とするメタクリル樹脂モルタル「ドーロガード」と、浸透性メタクリル樹脂「パーミタクト」の組み合わせ

 

アクリルスカルプチュアとは、

パウダー(ポリマー)メタクリル樹脂とメタクリレートモノマーが主成分のリキッド(モノマー)を混ぜ合わせる。。。

 

あれ?どちらも説明がほとんど同じ!?

 

意外なモノが意外な所で重なるものですね^^

何事も 経験&勉強 ですね!

 

RIMG5622

 

MMA樹脂等について、ご教授くださる方

コメントお待ちしております☆

いいネ! (まだ評価がありません)
コメントを閉じる

As舗装復旧時のデジャヴ” に対して1件のコメントがあります。

  1. 阿南 徹也 より:

     はじめまして、歯医者でもmmaは使われていますよね。
     施工中、「歯医者の臭いがする」と歩行者によく言われます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。